この権利を

そのまま有効活用してくれる誰かに譲りたいという気もするんですよね