読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっちを選べど獣のように生きていくだけ

犬派か猫派かと聞かれて、特に理由もないけれど、と言いながらも昔飼っていたからなあなどと思いながら、「どっちかっつーと犬派」とか答えていたのだけれども、「あの犬」と言われて「側溝にはまっている犬」やら「4WDとかいてある犬」やら「犬小屋に肘ついている犬」やら「メンテナンス中の犬」やらを思い浮かべるのに、「あの猫」と言われても候補が上がらないので犬派ですという理屈を思いついた。